沖縄の那覇空港へ行くのなら利用すべき格安航空券のおすすめサイトとは

おすすめの航空券予約サイトは?

index-143沖縄と言えば人気の観光地の一つですが、航空券が高くてそんなに行くことができないと最初から諦めていませんか?格安航空券を使えば東京の羽田空港から那覇空港まで1万円もせずに行くことができます。
もしシーズンオフの時期であったり、平日の昼間など乗客が少ない時間帯であったりすれば、なんと3,000円台の飛行機チケットを入手することができます。このように沖縄行の格安航空券を買うのにおすすめサイトがあります。それは「スカイチケット」というウェブサイトです。
スカイチケットではlccやレガシーキャリアなど10社以上の航空会社の飛行機チケットを一括して検索してくれる大変ありがたいサイトなのです。今ではスカイチケットのアプリがありとても役に立つためかなりのダウンロード数を誇っているアプリになります。

スカイチケットでは沖縄旅行において那覇空港だけでなく、宮古島や石垣島などもカバーしているので、いきたいもくてきちを選んで日付を入力するだけで、その空港に就航している各航空会社の料金とじかんがでてくれるので便利です。
東京から那覇行は一番早いもので6時台のものがあり、一番遅くて20時台のものがあります。早朝に旅立って日帰りで帰ってくることも可能ですし、或いは前日夜入りして、翌朝早朝から思いっきり遊ぶということもできます。月曜日の早朝便や金曜日の最終便などは混雑しますので避けた方が無難でしょう。

那覇でアクティビティ&マリンスポーツ

imarip0i9a5087_tp_v1那覇空港に降り立ったらマリンスポーツやショッピング、グルメなどを楽しむことができます。ダイビングをする人達にとってまさに沖縄は聖地ですし、マリンスポーツをしない人でも国際通りでのショッピングや海ブドウやラフテーなど沖縄独特のグルメを堪能するのも良いでしょう。観光名所としては約500年前にこの辺りを統治していた琉球王国のしゅりじょうやかなしろまちの石畳などをゆっくり観光するのもおすすめです。

那覇市から遠いですが、糸満市まで足を延ばしてひめゆりの塔を観光することも良いでしょう。当時の状況を目の当たりにして心が痛くなりますが時間が許すのであれば日本人として見ておくべき所です。ただし、気持ちが暗くなってしまう可能性がありますので、観光した後は気持ちを切り替えてください。

那覇行きへはスカイチケットに限らずほかにも「空旅.com」や「スカイスキャナー」など航空券のおすすめのサイトがあります。自分が希望する便が探しやすいサイトを見つけて格安航空券をゲットしてみてください。沖縄の激安航空券を予約して航空券を安く抑えた分、ホテルやショッピングなど観光に使って楽しい那覇旅行にしてしまいましょう。

魅力満載の大人気観光名所である石垣島へ旅にでる

石垣島の魅力を感じよう

「八重山そば」や「石垣牛」でお馴染みの石垣島へは東京の羽田空港から約3時間かかります。この区間では全日空が直行便を運航しており、6時台と11時台の1日2便が運航しています。石垣島と言えばやはりビーチの美しさが自慢でしょう。訪れる時間によって表情を変える川平湾は国の景勝地として指定されています。

タマトリザキテンボウダイは石垣島で一番の絶景を眺めることができる場所でコバルトブルーに輝く海にしばし心を奪われてしまうでしょう。運が良ければ野生のウサギを観ることができます。マリンスポーツが大好きな人であれば石垣島米原ビーチは外すことができません。シュノーケリングをしながら色とりどりの熱帯魚と戯れるのも素敵な休日の過ごし方です。

那覇とは違って、豊かな自然がほぼそのままの形で残されている石垣島は最高の癒しスポットです。東京から日帰りというのは難しいですが、レガシーキャリアでも2万円台で行くことができます。もし日程に少し余裕がある場合は一度那覇空港に降り立ってから、石垣島へ向かうという手があります。約1時間のフライトで、7,000円台で航空券を購入することができます。

石垣島への飛行機でのアクセスはレガシーキャリアがメインとなっていますが、那覇空港からのトランジットであればLCCなどを利用して格安航空券で行くことができますのでおすすめします。時間はかかりますが、羽田から那覇行きと那覇から石垣島行きへの料金をうまく組み合わせて低料金で石垣島へ行くことができる場合がありますので、探してみることをおすすめします。

石垣島行きのLCC

LCCを利用する場合、やはりこのような手間暇を苦にしないという姿勢がとれる人の方が向いています。ついほかの人にチケット購入をお願いするようなタイプの人だとレガシーキャリアの航空券を購入される場合が多いので、飛行機チケット代を抑えることができないでしょう。もちろんあらゆるサービスを受けることができるレガシーキャリアは利用すべき航空会社ですが、航空券ではなく石垣島観光でお金を使いたいのであればLCCを利用した方が良いでしょう。石垣島は独特のゆったりした時間が流れています。そんな素敵な場所に観光に行くのに齷齪してしまっては勿体ないです。

それならばひと手間かけて旅行の手配をしてみませんか?LCCでは機内サービスが有料ですし、利用するカウンターも空港の端の方にあって不便な時がありますが、それを旅行の醍醐味だと思って受け入れた方が旅行がもっと楽しくなるはずです。

交通費を節約して賢く宮古島へ

宮古島へ飛行機で旅立つなら早い計画がとても大事

沖縄の宮古島へはJALとANAが就航しています。どちらも1日1便運航しています。早い便だと6時に出発する便がありますので、そちらを使えば10時過ぎには宮古島へ到着することができますので、思う存分遊ぶことができます。5月は宮古島の観光シーズンに突入してしまうのでよやくがきびしい。

7月、8月は予約が取れないことも多々ありますので、宮古島へ行くと決めたら早めに飛行機チケットを押さえることが肝心です。東京からわずか3時間のフライトで宮古島という別世界へ行くことができます。宮古島は日本のグレートバリアリーフと呼ばれる八重干瀬(やびじ)があります。美しいサンゴ礁と色とりどりの熱帯魚が多く生息しているこの辺りはダイビングやシュノーケリングの絶好のスポットです。

またCMなどで誰もが一度は目にしたことがある伊良部大橋は無料で渡ることができる3,540メートルの橋です。海の上を車や自転車で渡ることができるので宮古島へ来たら是非訪れたい所です。その他にも美しいビーチや豊かな自然がそのまま残す。宮古島は一度訪れたら病みつきになる所です。リピーターになる人が続出するのも頷けますが、そうなると気になるのが飛行機チケット代でしょう。

LCCを使えば安く航空券をゲットできるのでおすすめ

LCCを使えば安く航空券をゲットできるのでおすすめです。那覇から宮古島へは5,000円以下で航空券を購入することができます。東京からみやこじまへ直行便を使うのも良いですが、それよりも那覇までLCCで行って、その後宮古島へLCCを使ってきた方が安くつきます。浮いたお金で宮古島での宿泊を伸ばしてみるのも良いでしょう。ただし、宮古島は台風の通り道にあたるのでLCCを利用する場合は注意が必要です。

悪天候で飛ぶのがとりけしになった場合、れがしーきゃりあなら振替便や宿泊先の手配をしてくれますが、LCCではほぼそのようなサービスを受けることがないと思ってよいでしょう。振替便が見つからなければそのまま空港で寝泊まりをする可能性も出てきます。

LCCを使う際にはてんきがわるくてフライトがキャンセルされた場合でも、怒ることなく受け入れがかのうなTYPEの人が向いています。また自分で次の手立てを考えることができるタイプの人であれば尚更良いでしょう。旅行にはハプニングがつきものです。これらのイレギュラーな事態も楽しめる余裕がある人こそLCCを最大限に利用できるでしょう。LCCの航空券のおすすめサイトとしてスカイチケットやHISなどがありますので利用してみてください。

沖縄旅行へはお得な航空券の検索・比較しましょう

沖縄へ行くのであれば航空券のおすすめサイトがあります。それはそらたびどっとこむです。そらたびどっとこむであれば当日の3時間前まで予約が可能なので、急な出張などでも対応可能。もちろんLCCは出発日までに日にちがあった方が飛行機チケット代が安くなりますが、出発日間近でしんぱいでも空席が目立つような便であれば、格安の航空券が存在しますので諦めてはいけません。

空旅で東京から沖縄那覇空港までのふらいとを検索してみるとJETSTARがぶっちぎりの安さで航空券を提供してくれているのがわかります。JETSTARは国内LCCシェアでいうとNo.1の航空会社です。My Jetstar登録をするといいかんじなキャンペーン情報をもらえるので、それを利用してさらに安く航空券を入手することができます。沖縄行きのキャンペーンも頻繁に行っていますので、時間があればJETSTARの情報をチェックしておいた方が良いです。990円のセールなどもありますので見逃さない方が良いでしょう。JETSTARは国内で16路線を持つLCCの中では老舗航空会社になります。TOKYO発NAHA行きの便であれば5,000円台で飛行機チケットをかえます。往復で購入すれば1万円前後で航空券が手に入りますから、余ったお金は国際通りやDFSでショッピングに使ってしまいましょう。DFSで世界の一流品をお得にショッピングできるのであれば、LCCで節約してしまった方が賢いです。

JETSTARに限ったことではありませんが、LCCの安全性に疑問を持つ方がいまだに多くいらっしゃいます。ジェットスターは世界のコウクウガイシャ安全の2014年から3年連続1位のカンタスグループの安全基準を遵守しているので、安全性にはかなりの自信を持っています。どうしても安かろう、悪かろうという気持ちが飛行機チケットにはありがちですが、LCCの航空券が安いのは無駄な経費を徹底的に削減した努力の賜物です。例えば機内サービスをなくすとか、利用する機体を同じにするとか、熟練したスタッフを雇うなど涙ぐましい努力をしています。

これによって私たち利用者側は安い航空券を買えるというメリットを享受しているわけです。ちなみにLCCが墜落する可能性は0.0009%と言われており、ほぼ無いと考えた方がよさそうです。つまらない風評被害を気にするのではなく、楽しい沖縄旅行に標準を当てて、賢く航空券を購入した方が良いでしょう。浮いたお金で沖縄旅行がさらに楽しくなったら占めたものです。航空券のおすすめのサイトを利用してすばやく最安値のチケットをゲットしてください。

LCCで沖縄へ出発!一番おすすめのサイトはどこ?

沖縄旅行の際に役立つ航空券のおすすめのサイトと言えば、スカイチケット、空旅.cm、トラベルコちゃん、航空券.net、Travel.jp、さくらトラベルなどがあります。おすすめはさくらトラベルです。搭乗日と目的地を入力すれば国内すべての航空会社の飛行機チケット代を表示してくれるので大変便利です。JAL、ANAといったレガシーキャリアだけでなく、ジェットスター、ピーチ、ソラシドエアなどのLCCも対象としており、各航空会社の特徴も紹介してくれているので、旅行に行く予定がない場合でも一度チェックしておくと良いでしょう。

LCCを使えば沖縄旅行も航空券が安いので気軽に楽しめるようになるのでおすすめです。しかし注意点があります。それは沖縄は台風の通り道にあるので悪天候になりやすいということです。悪天候の場合、対応は各航空会社の判断に委ねられます。多くの利用者は自分の便が飛ぶのか飛ばないのかしんぱいですが、航空会社としては欠航を出したくないので、ギリギリの時間まで判断に時間をかけます。大抵の場合、出発便の前日の午後から夕方にかけて判断することが多いようです。

悪天候でフライトがキャンセルになった場合、JALやANA、スカイマーク系の航空会社の場合はNOチャージで振替便を手配することがほとんどです。変更不可能なチケットだった場合でもNOチャージで別便を準備してくれます。キャンセル料がかからないのは、フライトがキャンセルになった場合のみで、乗継便については判断が違いますので、コウクウガイシャの対応に任せることになります。LCCの場合は料金の払い戻しにはたいおうしてもらえますが、振替便の手配などは難しいと考えたおいた方が良いでしょう。

沖縄便は悪天候に合うときもあって、フライトがとりけしされることを見越して航空券の購入をした方が良いでしょう。レガシーキャリアを選ぶのはこのような事態でも手厚いサービスを受けることができるという安心感があり、そのため料金が多少高くても納得が出来てしまいます。しかしLCCの場合はそのようなサービスを受けることが難しいので、悪天候に遭うのも旅行のうちというくらいの大きな気持ちで対応した方が良いでしょう。沖縄はのんびりとした時間が流れています。特に宮古島や与那国島など離島でしたら尚更自然が豊かで都会とは全く違う時間が流れています。せっかく沖縄にりょこうにいけば、都会での思考を消去してのんびりとした時間を過ごした方が何かと思い出になるのでおすすめです。

沖縄へ到着!沖縄の海で釣り体験をしよう

沖縄へ到着したらまずは現地情報を得ましょう

毎年家族と親戚で旅行に行っていますが、自家用車で行ける範囲内の温泉やホテルに1泊で行くことがほとんどです。でも今回は、父の還暦祝いも兼ねて、ちょっと盛大に計画してみました!目的地でかなり悩んだのですが、海好き(釣り好き)な父の喜ぶ場所がいいということで沖縄に行くことに。大人6人、子供4人とかなりの多人数での移動となります。ここは全員乗車できる大きな車をレンタルして行こうという案が出ました。いつもなら2台か、3台にわかれての移動でしたが、これがなかなか大変なんですよね。道に迷ったり、万が一事故にあった時のことを考えると、バラバラに行動するのは危険だし。

だから常に連なって追い越し、追い抜き車を走らせます。誰か一人がトイレに行きたい~!って言い出したらみんなSAか休憩所に立ち寄って休みながら行くので、到着予定時刻よりも必ず遅れちゃうんですよね・・・仕方ないですが。でも1台での移動なら、運転者は大変かもしれないけど、比較的スムーズに移動できます。今回は初のレンタカーを借りていざ沖縄へ!飛行機で那覇空港まで乗り継いで、そこから無料送迎バスでお店まで行きました。沖縄に着いた途端に、みんな暑くて上着を1枚、2枚脱ぎ・・・。これから冬にさしかかるのに、やっぱり沖縄はあったかくていいなぁ・・・。レンタカーショップに到着し、大きな10人乗りの真っ黒い車が用意されていました。運転するのは私の旦那です。

飛行機に車に最高の沖縄を満喫する

超がつくほどの運転好きで、まさか沖縄の地で運転できるなんて!と出発前から興奮状態でした(笑)そして、到着日はすぐに宿泊先のホテルに向かったのです。チェックインをし、各部屋にわかれて荷物整理をしました。すでに夕方の時間にさしかかっていたので、夕食までの間子どもたちとホテルのプールで遊びました。ホテルの敷地はかなり大きいので、カートに乗って移動するんですよ。なんだかとってもリッチな気分で、ちょうどオレンジ色の夕日が射しこみ最高のロケーションでした!2日目はいよいよ沖縄旅行のメインです!父が大好きな海に行きました。もちろん海水浴ではなくて「釣り」ですね。

道具も餌もなんにも持っていかなくて大丈夫なんですよ。現地で全部用意してくれているのでとっても楽ちん!3人乗りくらいのイカダに乗って、釣りを楽しみました。父は小さなタイをたくさん釣っていてとっても喜んでいました。沖縄に来ることも、飛行機に乗ることも、初めてだらけの体験、父の笑顔がたくさん見れて良かったです。